読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 松本パルコ店 シマブロ

島村楽器 松本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

小林信一ソロライブ レポート

f:id:shima_c_matsumoto:20150812213803j:plain

こんにちは、店長花井です。去る8月8日(土)、松本市内のライブハウス「Sound Hall a.C」にて小林信一さんのソロアルバム発売記念ライブが開催されました。題して「小林信一Company ミニマム・ヘル・ツアー2015」。そもそもこのライブ、「なぜ松本で?」と思う方もいらっしゃるかと思いますので簡単にことの経緯を・・・。

遡ること今年の1月、毎年夏に松本店で開催されている「地獄のメカニカルチャレンジ」の打ち合わせを進めていた中で小林さんから「実は夏くらいにソロアルバムを発売予定でして、せっかくなのでメカチャレ開催のタイミングに合わせて松本でライブをやりたいんですけど・・・」とのお話を頂いた事がキッカケとなり、諸々の調整を進めつつ約半年の準備期間を費やしてこのたび晴れて開催するに至ったというわけです。そんな流れで企画されたソロライブ。そもそも松本店が企画して小林さんに開催を依頼したわけでは無かったのでシマブロにレポートをアップするのもどうかと思ったのですが、そこは小林さんと松本店の仲(と勝手に思ってますが・・・)。記念すべきソロライブの模様をお伝えしないわけにはいかないと思い、簡単ではありますが当日の画像と共にレポートをアップさせて頂きます。


リハーサル前にご来店

当店に届いていたトキを引き取りに、リハ前にメンバーさんと一緒にご来店。スタッフ和田入魂の「地獄コーナー」にて。
f:id:shima_c_matsumoto:20150812191526j:plain


会場はSound Hall a.C

f:id:shima_c_matsumoto:20150811220606j:plain


開演前の楽屋にて

本番前、楽屋にお邪魔しました。小林信一Companyの皆さん、ネクタイ着用の「正装」でした。アルバム発売記念ライブですもんね!
f:id:shima_c_matsumoto:20150812194104j:plain
(L → R)  スケさん(Bass)、マクさん(Dr)、小林社長、シンヤさん(Gt)


セットリスト

1.光陰矢の如し
2.ソラヲマウ
3.ツクスイミ
4.ネクタイ地獄
5.時代より愛を込めて
6.カノン
7.地蔵より愛を込めて
8.アイスルコト
9.背水の陣
10.トキハナテ


AC-T6/SIG(トキ)&AC-Y6/SIG(ユリア)&Egnater Armageddon

f:id:shima_c_matsumoto:20150812191556j:plain


いよいよ開演!

新曲「光陰矢の如し」で華々しく幕開け・・・からの、ご存知「ソラヲマウ」
f:id:shima_c_matsumoto:20150812203929j:plain
バンドサウンドで聴く「ソラヲマウ」は何とも新鮮。文字通り舞い踊るかのようにのびのびとユリアを操る小林さんの姿が印象的でした。


7に持ち替えて・・・

f:id:shima_c_matsumoto:20150812210320j:plain
ライブハウスで聴く7トキのサウンドは、普段スタジオで開催されているクリニックでは決して体感することのできないライブならではの重厚なトーン。1stアルバムから「ツクスイミ」と「ネクタイ地獄」




f:id:shima_c_matsumoto:20150812210719j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150812211005j:plain
バンドサウンドのボトムをガッチリと支えるスケさんのベースと、「野獣」という言葉がしっくり来るワイルド&タイトなマクさんのドラム



f:id:shima_c_matsumoto:20150812211656j:plain
小林信一Company新入社員のシンヤさん。社長のギターをしっかりとサポート。指板サイドのLEDポジションマークは後付けパーツとの事。コレは気になるアイテムです。


地獄コーナー

一息ついて「地獄コーナー」に突入。メカニカルトレーニングから「時代」「カノン」「地蔵」を一気に弾き倒し!バンドでの地蔵は「凄まじい」の一言。メンバーの皆さんも必死ですっ!
f:id:shima_c_matsumoto:20150812213115j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150812212222j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150812212236j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150812212250j:plain
吠えてますっ!



MCでは、なぜか「排水口掃除」の話題に・・・
f:id:shima_c_matsumoto:20150812212352j:plain
どこそこのPB商品は粘度が低くてシャバシャバだの、あの類似品は量だけで効き目はイマイチだの・・・。結局「なんだかんだ言ってやっぱ本家のアレだよね」って話に落ち着きました。一体、なんのライブなんでしょう???


いよいよ後半に突入

f:id:shima_c_matsumoto:20150812194132j:plain
先ほどの地獄コーナーの激しさとは打って変わって「アイスルコト」。一聴すると曲調は穏やかに聴こえますが、実は奥底に「もの悲しさと激しさ」を秘めていると感じている個人的にも大好きな名曲。


続いてはNewアルバムから「背水の陣」。そうです、先ほどのMCではこの曲の話から「排水口」の話題へと脱線していったのです。ネタ元はステージ上手で初々しくギターを弾く新入社員シンヤさんだったとか・・・


最後は意外なあの曲

f:id:shima_c_matsumoto:20150812212142j:plain
ラストはアルバム「ネクタイ地獄」では1曲目に収録されている「トキハナテ」。あえてこの曲をラストに持ってくるあたり、小林さんのライブに向けた特別な想いを感じずにはいられませんでした。



本編10曲のあと、アンコールでの「光陰矢の如し」再演で締めくくられた約1時間の演奏。「やっぱりバンドだよね!」と改めて実感させられる熱いパフォーマンスでした。これを機にバンドでの活動も少しずつ増やして行きたいとのお話も小林さんから出ていたので、今後の小林信一Companyの動向は要チェックですね!
f:id:shima_c_matsumoto:20150812191620j:plain





翌日開催された「メカチャレ」の模様はこちらから・・・
matsumoto.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.