読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 松本パルコ店 シマブロ

島村楽器 松本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

T's Guitars製のウクレレ

皆さんこんにちは、シマブロには久々登場の店長花井です。今日はウクレレのお話しです。楽器未経験の方でも手軽に楽しんで頂けるという事もあり人気急上昇中のウクレレ。当店でも定期的に初心者の方を対象としたセミナーを開催していますが、毎回多くの方にご参加頂き大変盛り上がっています。先日開催した「KA'ALA猪古Jr(カアラいこジュニア)のウクレレセミナー」では中級者向けの少し深い部分にまで突っ込んだ内容も盛り込まれていましたが、和気あいあいとした雰囲気の中で皆さんに楽しんで頂けました。イベントのレポートは下のリンクからご覧下さい。

matsumoto.shimablo.com


このイベントをキッカケに、初めてウクレレを手にしたという松本市在住のN様。もともとギター経験は長かったという事もあり比較的早い段階でウクレレにも慣れ、イベントが終わる頃にはすっかりハマってしまったご様子。そんなN様がポツリ・・・「どうせならオーダーして作ってもらいたいなぁ」。「ウクレレを始めたばかりでオーダー!?」と驚く方もいらっしゃるかと思いますが、実はこのN様、愛用するギターはSugi GuitarsやT's Guitarsなどの信州産ハイエンドギター。となれば「ウクレレのオーダー」という発想にも納得ですね。「せっかくならT's Guitarsさんに作ってもらいたい」というご要望でしたので、さっそく塩尻市のT's Guitarsさんに行ってきました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、T's Guitarsさんはウクレレ製作の歴史も長いんですよ。


まずは複数のサンプルの中からサウンドや弾き心地などを確かめつつ、N様が目指す方向性を確認。ウクレレ担当の井上さんから木材の特性やパーツの選択など、細かい部分まで丁寧にお話し伺いながら少しずつ仕様を詰めていきます。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175837j:plain



こちらは来月開催される【TOKYOハンドクラフトギターフェス2015】で初披露予定のT's Guitars製ウクレレブランド「Kakumae(カクマエ)」の製品に搭載されているブリッジ。名づけて「00Tune(レレチューン)」。各のイントネーションを独立して調整できる画期的なオリジナルデザインのブリッジです。ちなみにサドルは牛骨を採用。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175849j:plain



ヘッドもオリジナルデザイン。何とも言えない可愛らしいシェイプで個人的に非常にハマってしまい、気付いたら手にとってスリスリ・・・。後から井上さんにこのデザインに至る経緯を伺ったのですが、それを聞いて納得。すみません、詳しい事は書けないので、気になる方は直接私に聞いて下さい。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175850j:plain



こちらはコアボディ。ウクレレのボディ材としては定番中の定番ですね。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175852j:plain



こちらは杢目の鮮やかなフレイムメイプル。T's Guitarsではお馴染みの木材。思わず「カラーはArctic Blueで!」と言ってしまいそうですが・・・。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175909j:plain



N様がウクレレに求めるイメージもだいぶ具体化してきた所で、木材選定の為にウクレレ製作が行われている2階へ移動。木材のグレード決定なども担当しているスタッフの馬場さんが作業の手を止めてお手伝い下さいました。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428181610j:plain



様々な材が豊富にストックされています。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175912j:plain



今回N様はボディ材にコアをセレクト。ひとくちにコアと言っても色合いや杢目の感じなど表情は様々。木材のスペシャリスト馬場さんオススメの中から、更に選び抜いていきます。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175916j:plain



井上さんもテンプレートを使って木材のどの部分を使うのか入念にチェック。完成形をイメージしつつ、サウンド面は勿論のことルックスにおいても最も魅力的な「面構え」になるよう、徹底的に探っていきます。
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175914j:plain



最終選考に残った木材たち
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175919j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175920j:plain
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175925j:plain



そして、悩み抜いた末にN様が選んだボディ材がこちら!
f:id:shima_c_matsumoto:20150428175952j:plain



写真の腕前がイマイチなため、この画像では木材の魅力を十分にお伝えできないのが残念です。ギターで例えるなら、いわゆる「エキゾチックメイプル」のような、フレイムともキルトとも違う非常に個性的なテイストを醸し出している4Aグレードのコア材です。この材をボディのトップとバックに採用。その他の細かい部分に関しても改めて打ち合わせを行い最終仕様が決定しました!随所に、ギタリストであるN様の拘りが散りばめられた個性溢れる魅力的な1本になりそうですよ!完成が待ち遠しいですね。



冒頭でも書きましたが、T's Guitars製のウクレレ「Kakumae(カクマエ)」は、まだ市場にリリースされていない新しいブランドです。にも関わらず、今回のようなオーダーのお話が進めれらるのは地元ならではの大きなメリットですね。改めて信州に拠点を構える事のありがたさを実感した次第です。今回の記事でウクレレに興味を抱き始めたそこのアナタ!この機会にチャレンジしてみませんか?気になった方は今すぐお近くの島村楽器にお出かけ下さい。無料のセミナーを開催している店舗もありますので、まずは気軽に手にとってみて下さいね。敷居が低くて奥が深いウクレレの魅力にきっとハマってしまうと思いますよ!



気になった方は、T's Guitarsのウクレレアカウントもチェック!
twitter.com





以上、実はN様のオーダーに付き添った事で「次はウクレレかなぁ」なんて密かに企み始めている店長花井がお伝えしました。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.