島村楽器 松本パルコ店 シマブロ

島村楽器 松本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

和也さん はじめての工場見学

こんにちは店長花井です。先日、FUJIGENギターを愛用するギタリスト山口和也さんと一緒に長野県大町市にあるフジゲンの工場に行ってきました。長年フジゲンを愛用している山口さんですが、ギター工場を見学するのは初めてとの事。大町に向かう道中もワクワクを抑えきれない様子でしたね。それでは早速レポートをお送り致します。画像満載で少々長くなりますが、ご了承下さい。おそらく、当店シマブロ史上最大のボリュームかも・・・。


松本駅から車で約1時間、大町市にあるフジゲン工場に向かいます。

フジゲン大町工場へ


雪化粧した美しい山並みの景色を楽しみつつ・・・

雪化粧した山々


もちろん、美味しい信州蕎麦も堪能しつつ・・・

信州蕎麦を堪能


やってきました、フジゲン大町工場!今回はギター担当吉川も同行しました。

FUJIGEN大町工場にて


まずは工場内に併設されているFACTORY HOUSEへ。

作品の数々


こんなスペシャルモデルも展示されています。

般若


無造作に積み上げられていますが、結構な銘木たちです。

銘木の数々


山口さん、さっそく分厚いキルテッドメイプルの一枚板に飛びついてます。

キルテッドメイプル


フジゲン今福さんが手にしているのはフレイムメイプル材。実は杢が出ているハードメイプル材って希少なんですよ!

フレイムのハードメイプル材


形成される前のネック材です。よく見ると「イマフク」と書かれていますが今福さんキープのスペシャル材でしょうか?

ネック材


こちらでは様々な木工製品も販売されています。

木工製品

ティッシュケース

トレイ&マウスパッド


FACTORY HOUSEでひと休みした後は、いよいよギター製作の現場へ!

工場内部へ


まずは木材を見ていきます。こちらは指板材の数々。

指板材


軽く叩いてサウンドをチェック。「コンコン」「カンカン」「キンキン」など、材によって音に違いがあるんですね。

指板材のサウンドをチェック


薄くスライスされた「ツキ板」

ツキ板


こちらには様々な木材が保管されています。

木材保管庫


希少材「ハカランダ」の角材を手に満面の笑みを浮かべる山口さん。

ハカランダ


続いては製作の工程へ。

LPのボディを手に

製作途中のネック

ネックを切り出す前の状態


バフ掛け(磨き)。一本ずつ、丁寧かつスピーディに。

バフがけ


いわゆる「箱もの」も製作されています。

ホロウモデルの製作


積み上げられたネックの山。EOSシリーズのものでしょうか?あまり目にする事の無いこの状況、思わず写真を撮りたくなるのも分かりますよね。

ネックの山


こちらは海外向けのモデル。国内でのリリースも期待したいですね!

海外モデル


実はウクレレも作っています。

ウクレレ


ウクレレ用の木材。

ウクレレ用木材


アコースティックギターの力木(ちからぎ)接着工程。

力木の接着


その他にも工場内を見回すと、あちらこちらに製作途中のギター達が。

LPボディ

ヘッド

EFL


ここで最終チェックを終えて、出荷されていきます。

工場の様子


ひと通り工場内を見学した後は、再びFACTORY HOUSEに戻ってきました。というのも今回、山口さんには松本店でオーダーするEOSシリーズの木材選定をお願いしていたんです。


ここからは、フジゲンWebオーダー担当の東岡さんと佐々木さんにもご協力頂きます。

東岡さんと佐々木さん


まずはネックから。

ネックの選定


重量バランスや握った感触を確かめながら選んでいきます。それにしても真剣な表情!

ネック選定


続いてはボディ材。ある程度まで製作されたボディの中から選んでいきます。

ボディ材


思わずニヤけちゃってますね。

ボディ材選定


軽く叩いてボディの鳴りもチェック。重要な要素です。

鳴りをチェック


「重さってどれくらいなんだろ?」と重量を気にする山口さんに、すかさず計りを差し出す東岡さん。これまた真剣な眼差しの山口さん。

重量のチェック


そして、遂に選定終了! こちらの組み合わせに決定しました!

果たしてこのギターは!?


松本店オーダーEOS(和也セレクテッド) 

画像は3シングルになっていますが、2ハム(タップ仕様)で製作します。

松本店オーダーEOS

立体的で存在感のある素晴らしいキルテッドメイプルトップのボディ。バック材はマホガニー

松本店オーダーEOS

希少なバーズアイメイプルの指板。数あるネック材の中から、ほぼ即決でした。

松本店オーダーEOS

ヘッドも勿論バーズアイ。

松本店オーダーEOS


ボディカラーはヴィンテージヴァイオリン。ゴールドパーツにパール柄のピックガード。

松本店オーダーEOS松本店オーダーEOS 完成予想

イメージ画像ですが、雰囲気は伝わりますでしょうか?


山口さんにじっくり選定して頂いたスペシャルなEOS。入荷は4月~5月の予定となっております。価格、スペック等の詳細は当店商品紹介ページにてご確認下さい。


最後にフジゲンの社長さん、今福さんと一緒に記念撮影。

記念撮影


雪に包まれた工場周辺の景色をカメラに収め、フジゲン大町工場見学は終了となりました。

雪景色を撮影


ご自身が愛用するVIRTUOSO FLの故郷に初訪問した山口さん。目にするもの全てが初めての事ばかりで、終始興奮気味の様子。目を輝かせながらフジゲンの方のお話しを聞きつつ、疑問に思った事は熱心に質問している姿がとても印象的でした。本当に心からギターを愛していらっしゃるんですね!いずれにしても楽しい一日を過ごして頂けたようで良かったです。


全国の島村楽器では山口和也さんのセミナーを開催しています。お近くの店舗のイベント情報をチェックして頂き、是非ともご参加下さい!松本店で開催したセミナーの記事は・・・こちら。以上、店長花井がお伝えしました。長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.