読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 松本パルコ店 シマブロ

島村楽器 松本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Sugi Guitars 松本店オリジナルモデル打ち合わせにお邪魔しました。

レポート

こんにちは。ギター担当の太田です。さて、今回はSugi Guitarさんにお邪魔し松本店オリジナルモデルの打ち合わせに行ってまいりました。今回も以前から次にSugiGuitarさんにお邪魔するときには同行の約束をしていた女性スタッフをカメラマン、工場見学をかねて連行いたしました。さて、本題に入ります。

アクアマホ

材選び

いつものように丁寧に木材の説明を頂きボディー、TOP、指板、ネックを選んでいきます。(今回はネックは選定が終わったあとに最終打ち合わせでどんでん返しがあることはこの時点では思ってもみませんでした)

材

そしてこの時点で選択した木材がこちら!バリトラのフレイムメイプル、そして光の当たり具合によって見え方の変わるアクアティンバーマホガニー、指板用のココボロはかなり木目が出ており、赤褐色です。

body

こちらがTOPに選択したフレイムメイプルです。あまりにも派手なフレイムのため実際カラーイメージをのせて頂き決定しました。(実際の色よりかなり濃く写っています。光の当たり具合です。ご容赦下さい)

atmaho

ボディー材に使用するアクアティンバーマホガニーです。こちらの固体は光の当たり具合によって見え方が違います。今回はボディーバックも見た目にこだわります!

ココボロ

さてココボロ材です。指板に使用します。これ、かなり木目が綺麗です。杉本さんイチオシのココボロです。

さて、冒頭に記載したネック材ですが・・・杉本さんがOK出していただけたトラ目のネックだったのですが・・・最終打ち合わせで私が今回のオーダーのコンセプトをお話したら杉本さんから目が覚めるようなご提案を頂きせっかく選んだネックですが却下にしました。そのコンセプトとは・・・「ローダウンチューニング」

そうです。「ローダウンチューニングに100%対応するギターを作る!」このためにヘッドに角度をつけるんです!14度の角度をつけてテンションをかせぐ!さらにブリッジは裏通し!そしてネック材のイメージはコチラ!

neck

5枚の貼りあわせ材です!ネックの強度を上げます。(画像が粗く分かりにくいですがあくまでイメージとしてご覧下さい)

こちらのギターの進捗状況も逐一ご報告いたします。仕上がりは7月上旬予定でございます。お問い合わせはお気軽にギター担当太田までどうぞ!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.