島村楽器 松本パルコ店 シマブロ

島村楽器 松本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

SUGI GUITARさん工房訪問いたしました。

信州の皆様こんにちは!ギター担当の太田です。本日は以前のように雪も積もっておらずすんなり到着できると思いきや・・・また雪が降ってきた1月25日です。杉本さんは2013NAMMショーにいっていらっしゃるので本日は萩原さんと、木村さんにご案内いただく予定で松本店有志スタッフ3名を引き連れてお伺いしました。本日の目的は先日のブログにて匂わせて終わったギターたちのくみ上げの状況を皆様にお伝えすることと先記スタッフの工房見学です。さて例のギターたちはといいますと・・・信州ギター祭りに店頭に並べちゃうのです!そうです地元でもなかなか完成形をみること、触ることができないSUGI GUITARが松本店に展示することになるのです!前置きが長いと一部ユーザー様からご指摘頂いたばかりなので本題に入ります。

DS496BK

どっどん!DS496です!と、いってもまだくみ上げ中のためアッセンブリも途中ですが。私、仕掛人なのでおもわずニヤリとしてしまいました。(杉本龍吾さん儀式にお付き合いいただきましてありがとうございます)

DS496

それでは私抜きで、じっくりギターをご覧下さい。ブリッジがまだ入っていませんがオープンハムバッカーのDS496です!こちらのモデルは少々出力が高めなP.Uをチョイス致しました。それによりラウドな歪みサウンドの中にもコード感のあるサウンドにまとまると思います!あくまでイメージですので信州ギター祭りにお越しいただきサウンドをご確認下さい。

DS49659B

そして2本目です!ローパワーぎみのP.UをチョイスしたDS496の59バーストです。すごいトラ杢です。こちらはまだネックの木工が終了していないためボディーにP.Uを埋め込んだ状態です。

DS499

DS499のボディーです。ボディーが小さめで弾きやすいこと間違いなしです。こちらもまだまだくみ上げ前です。

DS499のネック

作業の休憩中にパシャリとしたDS499のネックです。フレットの仕上げ過程ですね。スムーズな演奏を可能にするのはこの細かい作業のおかげなんですね。

木村さんと萩原さん

さて、今回はここまでのレポートです。SUGI GUITARさんの木村さんと萩原さんに挟まれて撮影してきました。信州ギター祭りに是非お越し下さい!長文にお付き合いいただきましてありがとうございます。次回は今回の工房見学の記事をレポートしたいと思います。ギター担当太田がお伝えいたしました。

消耗品がお求め易いお値段に!

ギターに旬があるとしたらこのギターのことです!FUJIGEN海外モデル入荷!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.